知らなかったら恥ずかしい!おせち料理の意味と由来とたとえ話

こんにちは、たとえ話評論家のヒデヨシです。

 

お正月に食べるものといえば「おせち料理」ですね。

数の子、かまぼこ、黒豆、エビ、昆布巻きなど、日本の伝統料理として食べたことがある人がほとんどでしょう。

そこでお聞きします。

おせち料理の食材にはそれぞれ縁起をかついだ意味があるのですが、それを答えることができますか?

おせち料理は食べたことがあるけれど、その意味を知っている人は実のところあまり多くはないでしょう。

 

そこで今回は、おせち料理のそれぞれの食材がどんな縁起の良いものにたとえられていて、どんな意味があるのかを紹介します。

一度読めば覚えられるので、お正月の準備の一つとして今一度確認してみてください。

 

おせち料理の意味とたとえ話

エビ

エビの腰は曲がっていますね。その形をお年寄りにたとえており、「腰が曲がるまで」長生きしますようにという意味が込められています。

数の子

数の子はニシンの卵です。たくさんのプチプチとした卵の食感が美味しいですね。このたくさんの卵を「子孫繁栄」の象徴にたとえています。

かまぼこ

一般的なかまぼこは半円状の形で板の上に乗っています。これの断面を見ると、「日の出」のように見えるため、正月に縁起が良い食べ物とされています。

田づくり

田づくりはイワシを乾燥させたものです。もともとは田んぼの肥料として乾燥したイワシをまいていたのだそう。そこから「豊作祈願」の意味が込められています。

昆布巻き

喜ぶ、よろこぶ、よろこんぶ。昆布は「よろコブ(喜ぶ)」というシャレとかけて縁起が良いものとされています。

黒豆

黒豆は働いている人にたとえており、意味は「マメに働けるように」。ながい健康を祈願しています。

お多福豆

文字通り、「福が多くなりますように」という意味が込められています。形もおたふくに似ているため、そのようにたとえられています。

栗きんとん

きんとんは漢字で「金団」と書き、金の布団という意味になります。それを財宝にたとえて「商売繁盛」の意味が込められています。見た目にもきれいですね。

錦玉子

玉子の白身と黄身の美しさを金銀財宝にたとえており、縁起が良いものとして食べられています。

伊達巻き

江戸時代のオシャレな人たち(伊達者)の着物に見た目が似ていることから伊達巻きと言われているそうです。食べ物を着物にたとえているのもオシャレですね。

チョロギ

小さなしめ縄のような形の赤くて酸っぱいシャリシャリとした食べ物。「長老木」と書くこともあり長寿を祈願しているそう。

 

いかがでしたか。

いろいろなものにたとえられていて面白いですね。

恥ずかしながら、わたしはエビと昆布巻きと数の子くらいしか意味を知りませんでした。

意味を知りながら食べると、美味しく楽しく家族の会話の話題にもなります。

祈願されたその意味も知って、ちょっとした幸福をお正月に感じてみてください。

 

ちなみに蛇足ですが、わたしの一番好きなおせち料理の具材は「チョロギ」

しめ縄のような形と書きましたが、どうしてもウ◯コのような形にも見える・・・。

このチョロギ、カオスにも「チョロギ愛好会」なるものもあり、チョロギファン(チョロガー)の聖地となっています。

チョロギ愛好会ホームページ▼
http://chorogi.jp/

なんか萌えキャラの「ちょろぎたん」もいるみたいです。

興味のある方はマニアックな世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

 

以上、最後まで読んでくださりありがとうございました。

ヒデヨシ

 

【参考】

・紀文『おせち料理大辞典』
https://www.kibun.co.jp/knowledge/shogatsu/osechi/iware.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です