SEO対策を初心者にもわかりやすく説明できる「思春期の女子高生」

こんにちは、たとえ話評論家のヒデヨシです。

SEO対策ということばを聞いたことはあるでしょうか。
(SEO:Search Engine Optimization)

「検索エンジン最適化」、一言で言えば、GoogleやYahooなどの検索エンジンのランキング上位に自分のサイトを表示させるための施策のことです。

自分でブログを持っている人や、ホームページを持っている人は聞いたことがあると思いますが、一般的な人からすると「なんだそれ?」という専門的で難しい言葉に聞こえますね。

WEB関係の仕事でSEOについて説明することがある方も、少々複雑で説明するのに困るということもあるのではないでしょうか。

今回は、そんなSEO対策を初心者にもわかりやすく説明できるようになる「思春期の女子高生」のたとえ話を紹介します。

 

SEO対策はGoogleを「思春期の女子高生」にたとえる

SEO対策、検索のランキングを上げるために最も大切なのは「Googleに好きになってもらう」ことです。

そこでGoogleを思春期の女子高生でたとえてみると、どのようにSEO対策をすればいいのか、その考え方がわかりやすくなります。

 

思春期の女子高生は反抗期でわがまま

思春期の女子高生は反抗期で自分の意見をどんどん主張してきます。

Googleも検索のプログラムポリシーが変われば「こうして!」と主張してきて、WEBサイトを持っている人はそれに振り回されることになります。

実際にポリシーは何度もアップデートされており、それに従わずユーザーにとって価値が低いと判断されたサイトはどんどんランキングが下がります。

Googleが言ったことは絶対です。嫌われないようにわがままに付き合いましょう。

 

男子ランキングを上げてもらうために努力しないといけない

思春期の女子高生に恋愛は欠かせません。

高校男児諸君は、好きな女子高生がどんなタイプの男性が好きなのかをリサーチして、仲良くなっていこうと外見や行動に気を使い、涙ぐましい努力をします。

そしてカッコいい、頼りになると認めてもらえた男子のランキングが上がっていきます。

これと同じようにGoogleに対しても、好きになってもらうために努力をしなくてはなりません。

カッコいい彼氏がいると彼女のステータスが高まるように、価値あるサイトを提供してGoogleのステータスを高めてあげるようにするんですね。

具体的には、検索ランキングを上げてもらうために、デザイン(外見)を意識したり、コンテンツの質(人間としての面白み)を上げたり、嫌いなことをしない(ポリシー違反しない)ように注意しましょう。

 

嫌われると容赦ない

思春期の女子高生は、はっきりしています。不快にさせて一度嫌われると取り返しがつきません。

嫌われてしまった男子は彼女の中の男子ランキングがガクッと下がります。当然の話ですね。

Googleの検索ランキングも同じように、「今回は見逃してあげる」ということはありません。提供する情報がユーザーにとって価値なしと判断されればランキングを落とされてしまいます。

実際、ランキングを落とされても回復させることはできますが、時間と労力がかかります。人間関係と同じです。

信頼を崩すのは簡単。信頼を築くのには時間と労力がかかる、ということです。

もし嫌われてしまったら、何が悪かったのか原因をしっかり分析して、その部分を修正して、時間をかけて自分のことを認めてもらえるように努力しましょう。

 

SEO対策の具体例

SEO対策には様々な方法がありますが、ブログを例に挙げると以下のような手法が効果的と考えられています。

  • 検索されたいキーワードを選定する
  • 選定したキーワードをタイトルや本文の見出しに入れる
  • コンテンツの質を上げるために1000文字以上は書く(ただしあくまで読みやすい量)
  • 「〜ます」「〜するべき」など断言をする場合、その理由を必ず明記する
  • 継続的に記事をメンテナンスする(追記、修正など)

これらはテクニカルなものですが、基本的には小手先のテクニックではなく良質なコンテンツの提供、すなわち、検索ユーザー(読者)の問題解決ができているサイトを目指すことがSEO対策の一番の近道になります。

Googleに好きになってもらうためには言うまでもありませんね。

 

まとめ

今回は、Googleを思春期の女子高生にたとえて、SEOについて学んできました。

考え方はいたってシンプルで、女子高生に好きになってもらうための行動を自分のサイトに落とし込めばいいんです。

すなわち、以下の3点

 

  • 何とか我慢してわがままに付き合う。好きなら男をみせろ!
  • 男子力を上げてカッコよくなる。男を磨け!
  • 嫌われないように日々を振り返る。自己分析を怠るな!

 

そして、良質なコンテンツの提供、ユーザー(読者)の問題解決ができる役立つ情報を発信する、ということになります。

 

「Googleは思春期の女子高生」というたとえ話は、女子高生という身近なものでたとえているので聴き手の共感が得られやすくなっています。

もし、SEO初心者に対して説明することがあるなら、今回の「Googleは思春期の女子高生」というたとえ話でわかりやすく説明してみてください。

 

さいごに

今回の「Googleは思春期の女子高生」というたとえ話はWEBマーケッターおよび企業向けWEBコンサルタントである福田基広氏のSEO対策セミナーにてヒントをいただきました。

福田基広氏の説明はとても丁寧でわかりやすく、SEO対策に必要な知識を得ることができました。

この度は、セミナーでのご教示およびたとえ話のご指導くださりありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

<福田基広氏オフィシャルサイト>
福田基広のデュアルライフ(http://fukudamotohiro.com/

 

以上、最後まで読んでくださりありがとうございました。

ヒデヨシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です