SEO対策を初心者にもわかりやすく説明できる「下請けの社畜」

こんにちは、たとえ話評論家のヒデヨシです。

SEO対策を初心者にもわかりやすく説明できる「思春期の女子高生」』の記事にて、SEO対策を人に分かりやすく教えるたとえ話を学びました。

SEO対策を初心者にもわかりやすく説明できる「思春期の女子高生」

SEO(Search Engine Optimization)は「検索エンジン最適化」という意味です。Googleなどの検索ランキングに自分のWEBサイトを上位表示させるための施策のことをいいます。

今回は、その記事から派生して、SEO対策を「下請けの社畜」でたとえて説明する方法を紹介します。

説明する相手が年配の会社員の場合に効果的です。

アプローチ方法の一つとして、たとえ話の引き出しを増やすために活用していただければと思います。

SEO対策って何?という方は上記の記事をまずご覧の上で本記事を読んでいただけると理解がスムーズになります。

 

SEO対策を初心者にもわかりやすく説明できる「下請けの社畜」

下請けとは、仕事を元請けから請け負うことを言います。一般的には発注者→元請け→下請けの順番で仕事が割り振られますので、下請け業者は業界的には弱者的立場となります。

下請け業者は主に中小企業であり、大企業から仕事をもらう立場にあります。そのため、多かれ少なかれ上下関係による理不尽な状況が発生してしまいます。この状況を「下請けの社畜」にあてはめてSEO対策を説明します。

 

要求には従わざるをえない

元請けの指示は絶対です。言われたものを言われた納期で言われたとおりにつくり、おさめます。時には理不尽な要求をされることもあるかもしれませんが、立場が弱いですから何も言えないこともあります。

同じようにGoogleの言うことも絶対です。

Googleはユーザーを第一に考え、プログラムポリシーを頻繁に変更しています。そのポリシーの内容によっては検索ランキングが大きく変動する場合もあるため、素直に従うことが求められます。

 

気に入られようと媚を売る必要がある

元請け業者から嫌われると仕事がもらえなくなり、会社として苦境に立たされます。そのため元請けの会社とは良好な関係を継続的に築く必要があります。

同じようにGoogleにも嫌われないようにしなければなりません。具体的にはプログラムポリシー違反をしないことです。たとえば、不適切な内容(アダルトコンテンツ、アルコール、暴力など)の掲載されたサイトをGoogleは嫌います。

ユーザー第一の精神で、ポリシー違反をしないようにして顔色をうかがいましょう。

 

価値を出さないと容赦なく見放される

ビジネスでは当然ですが、価値を提供できない会社は見放され衰退の一途をたどります。

同じように自分の提供するコンテンツがGoogleから価値なしと判断された場合、検索ランキングは上がりません。

最優先すべきはユーザー。検索エンジンを使うユーザーは自分の問題を解決したいから検索します。そのユーザーの問題解決ができていないサイトは価値がないと判断されてしまいますので、「問題解決」を意識したコンテンツを提供しなければなりません。

 

まとめ

まとめると、SEO対策をするためには以下を実践することが求められます。

  • Googleのプログラムポリシーの変更には素直に応じてコンテンツを改善する
  • Googleのプログラムポリシー違反をしないようにする
  • ユーザーの問題解決ができる価値あるコンテンツを提供する

世知辛い上下関係ですが、自分を「下請けの社畜」とたとえて、SEO対策について初心者の方に説明してみてください。

 

以上、最後まで読んでくださりありがとうございました。

ヒデヨシ

Photo by Andrés Nieto Porras / flickr

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です