結婚式の挨拶・スピーチ・余興ですべった時の魔法の言い訳たとえ話

こんにちは、たとえ話ブロガーのヒデヨシ(@hideyoshiy)です。

結婚式の挨拶・スピーチ・余興、任されたからには失敗したくないですよね。

練習はばっちり、いざ本番!

・・・すべったー(汗)

緊張して上手くできないなんてことは大いにあります。

こんなこと、私はしょっちゅうです!

今回は、私と同じ境遇になった方を一人でも救うため、私の経験から学んだ結婚式の挨拶・スピーチ・余興ですべった空気を笑いに変える魔法の言い訳たとえ話を紹介します。

 

すべったときの魔法の言い訳たとえ話

もし本番のスピーチで「やばい、すべった!(汗)」と感じたら自分を「オイル」にたとえて、すかさずこう言い訳しましょう。

 

何事も滑り出しが肝心です。私がすべったとき、お二人の道の滑りも良くしておきました。滑りがよくなったことにより、お2人の結婚生活のスタートもスムーズになるでしょう。」

 

結婚生活の滑り出しで止まらないように、自分がオイルになってスタートの滑りを良くしておきました、というたとえ話(言い訳)です。

調子がいい言い訳であると同時に、とっさに出てきたセリフとしてはなかなか気が利いたことを言っているため、悪い空気のピンチを笑いのチャンスに変えることができます。

笑顔でジョークめかして言った方が相手も笑いに誘われるため意識すると効果的です。

 

キックオフや決起会でも

このたとえ話(言い訳)、結婚式のみならず、キックオフや決起会など、スタートが絡むものの発表でも使えます。

発表で気の利いたことを言おうとして「あ、すべった!(汗)」と感じたら、

 

何事も滑り出しが肝心です。私がすべったとき、プロジェクトの滑りも良くしておきました。これでチームとして円滑にスタートダッシュを切ることができるでしょう。」

 

などとすることができる応用性があります。

ツッコミが上手い関西人の方などがその場にいるなら、

『アホか!オレらも滑ってしまうわ!』

のようにツッコミを入れさせるようにあえて仕向けるのも一つの手です。次の笑いを誘えて、注目もツッコミに集まるので難を逃れることができます。

自分をオイルに見立てたたとえ話(言い訳)、是非活用してみてください。

 

まとめ

  • 「何事も滑り出しが肝心です。」
  • 「すべりをよくしておきました。」
  • 「円滑にスタートを切れるでしょう」

 

何はともあれ、大事な場面ですから、すべらずに成功させることが一番大事です。

原稿を推敲し、練習を重ね、準備をしたけれど、本番でどうしても「あ、すべった!(汗)」と感じた時の最後の切り札として使ってみてください。

本番ですべった人が一人でも救われるよう願いを込めて。

 

以上、最後まで読んでくださりありがとうございました。

ヒデヨシ

Photo by Bob the Lomond / flickr

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です